濱田龍臣くんのようにマルチな才能を持った子役を目指す!

こちらでは人気ドラマに出演したことで一気に知名度を上げた有名子役、濱田龍臣くんについて特集しています!

濱田龍臣くんの実績を確認してみましょう

濱田龍臣くんについて濱田龍臣くんに注目が集まるきっかけとなったのは2010年の大河ドラマ『龍馬伝』で坂本龍馬の幼少期を演じた時でしょう。

時を同じくして、日本テレビの『怪物くん』にも出演していました。『怪物くん』は翌年には映画化もされ、それもますます濱田龍臣くんの知名度向上に寄与したと思います。

その他にも『ウルトラマンゼロ THE MOVIE1 超決戦!ベリアル銀河帝国』や『海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン THE MOVIE』といった特撮物、『BRABE HEARTS 海猿』といった一般映画など多種多様な作品に出演。幅広い活躍を見せています。

さらにはCMの出演も多いですね。ブレーク前の2008年にオロナミンC、2010年にはヤマザキパン、大人気ゲームソフトのポケットモンスターブラック・ホワイトなどなど有名商品のコマーシャルにひっぱりダコ!

ドラマ、映画、コマーシャルとジャンルを問わず活躍しているのが
濱田くんの強みと言っても良いでしょう。

12歳になった最近は徐々に声変わりして、外見的にも昔の“中性的でかわいらしい男の子”から“イケメン俳優”へと進化を遂げつつあるとか。

今後の活躍にも期待したいところですね!

濱田龍臣くんの実像に迫る!

濱田龍臣くんは外見的にはわりと今風の“活発な男の子”という感じですが、趣味はサッカーのほかに将棋、レゴ収集というインドアなものも。

確かに役者には台詞を覚えたり役に入り込んだりと集中力を要する場面が多いですから、将棋のようにじっくり考え込む趣味に打ち込めるような子のほうが向いているかもしれませんね。

実際、将棋の腕は大人をあっさり負かすほどで、ナインティナインの岡村隆史さんをコテンパンにしたことがあるんだとか。

ちなみに漢字の読みや書き取りを覚えるのが好きなんだそうで、“豪放磊落”とか“鬱陶しい”といった漢字をソラで書けたり、テレビ番組の中で「鰯・鱈・鯵」といったさかなへんの難読漢字10種をすべて言い当てたりといった離れ業を披露したことも…。

一世を風靡する子役だけあってマルチな才能を持っているんですね。

濱田龍臣くんの所属している事務所を知りたい!

あらゆるメディアで活躍している濱田龍臣くんですが、いったいどこの子役事務所に所属しているのかご存じですか?

濱田君の所属先はフォースプリングスという事務所。それほど大きな事務所ではありませんが、少数精鋭で運営しているようです。

濱田くん以外で知名度の高い芸能人というとグラビアアイドルの小池唯さんでしょうか。収入までは知る由もありませんが、恐らく今のところ出世頭は濱田くんでしょう。

ただ、小さい事務所は面倒見が良いことも多く、
のびのびと芸能活動ができるというメリットもあります。

そういった環境のほうが向いているお子さんであれば、フォースプリングのような小規模事務所を検討するのも良いのではないでしょうか。

フォースプリングスは、オーディション自体は未定なもののプロフィール(履歴書)を随時受け付けてくれています。
興味がある方は、ぜひ一度送ってみましょう!

このページの先頭へ